×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シルバーネックレスあれこれ

シルバーネックレスといっても色々有ります。
ティファニーネックレスやグッチネックレスなどのブランドネックレスから、オリジナル商品を出しているシルバーメーカーまで
さらに、コピー商品なども多く出回っているようなので、その辺は注意が必要でしょう。
ティファニーやグッチのシルバーネックレスなら2万円くらいから、販売されているようです。
ティファニーやグッチなどではない、ノーブランドなら5千円〜1万円くらいではないでしょうか?
同じシルバー925とある商品でも、ブランドものとそうで無いものは値段が違うようです。
シルバーネックレスは、ブランドによってはロジウムメッキを施してあり硫化による黒い変色を抑えてあります。
そのようにロジウムメッキが施された、シルバーネックレスは単なるシルバーより高くなります。
グッチのチェーン付き”星座シルバーネックレス”も人気が有ります。
これは自分の生まれた星座のペンダントをネックレスにしたものです。値段も6千円くらいからとリーズナブルな
設定になっています。
他には「ピザール」のカテドラル(大聖堂)シリーズのシルバーネックレスも人気です。
これは、雑誌などでKAT-TUNの赤西仁さんが付けていた事によって、人気がシルバー出たネックレスです。

シルバーネックレス着こなし

ネックレスをしようと思うが、シルバーネックレスとゴールドネックレスをどのように使い分けていいのか?
なんて思う方も多いようです。シルバーネックレス以外でもアクセサリーを身に付けるうえでの何か心得みた
いな事を知りたいと思っている人も多いのでは?
ゴールドネックレスかシルバーネックレスかは、TPOのマナーとしては関係ないと思います。
ただ、他のアクセサリーを組み合わせる時、ゴールドとシルバーが混在しないようにするのがいいでしょう。
ベルトのバックルや、バッグ、靴の金具とも一致させればベストですが、そういう金具はゴールドの方が多いの
で、ゴールドのアクセサリーの方がよいでしょう。
シルバーネックレスなどのアクセサリーについては、冠婚葬祭などの時は守るべきマナーもありますが、それ
以外であれば、「難しく考えすぎずラフに楽む」ことがいいと思います。
フォーマルな服装にはフォーマルなアクセサリーやジュエリー、ラフな場合はラフなアクセサリーということ
もありますが、さすがに、フォーマルな服装にラフなアクセサリーという取り合わせはいまひとつではないで
しょうか。ただ、ジーンズのときにちょっと高価な石のペンダントっての逆にちょっとオシャレなのではない
でしょうか?

シルバーネックレスお手入れ

シルバーネックレスなどのシルバーアクセサリーはどうしても変色したりします。
原因としては、空気中の硫黄分で硫化。汗・化粧品・日焼け止め・大気中の排気ガス・プールの塩素・海水などが原因での変色が多いようです。
シルバーネックレスに特に危険なのが温泉です。温泉に入る際はシルバーネックレスなどのシルバーアクセサリーは外してから、入ることが無難でしょう。
そして万一シルバーネックレスが変色してしまたら、購入したお店にいき、変色したので磨いてください。って言えば、保証書なしでもやってもらえます。
日本のティファニーのお店で購入されたシルバーネックレスなら、お店に持っていけばタダでやってもらえますよ。当然、ティファニーのシルバーネックレスであることと、日本で売っているシルバーネックレスに限りますが。
あと、市販で売っているシルバーアクセサリー用の布やクリームなどできれいに落とせます。ホームセンターなどで「銀磨きクロス」や「シルバー磨き」という布状のものが、売られていますし。「ウィノール」というペーストタイプのものや「シルバークリーン」「スピーディップ」というものが東急ハンズなどで売っています。
せっかく買った、シルバーネックレスなどは大事に長く使いたいものですよね。

Copyright © 2007 シルバーネックレス